読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

ジムでのマナーとコミュ力の問題

ジム 筋トレに関する雑談

f:id:aosoranet:20170314202133j:plain

突然ですが、最近の自己啓発系記事はどないやねん?!

面白かったら「面白かった!」

ためになったら「ためになった!」と

言ってくれても全然構わないんやで?!?!?!??!?!?!??!?!?!??!

 

ガネーシャの説く成功への教え【夢をかなえるゾウ】 - ワークアウト虎の巻

筋トレで精神まで肥大させないためには - ワークアウト虎の巻

 

それはそうと、今回は過去に何度か扱ったジムでのマナー問題をもう少し掘り下げる。

 

昔のジムのマナーに関する記事で言えば

【ジムの見えない掟を明かす】初心者が気にしなくてもいいこと - ワークアウト虎の巻

初心者が気づきにくいジムでのマナー - ワークアウト虎の巻

【読者参加型記事】GGが混みすぎて最早トレどころじゃない件【GG改善案】 - ワークアウト虎の巻

この3つが定番だ。

 

まあ正直ジムでのマナー問題なんて、

バーベルを振り回してる人の近くには近寄らない(当たらないように動くのではなく射程距離に入らない)とか、

疲れてインターバルが長くなったら退く(別種目をやる、ヤメにして栄養補給をする)とか、当たり前の配慮があれば解決するような気もするのだが、

問題はそう簡単じゃない。

 

結局のところ、

ジムにくる目的、意図が一致しなさすぎるから、

どうにもこうにもハチャメチャが押し寄せてくる。

サラリーマンが多いジムでは喋らなくても共通認識や目的が一致しやすく、

混んでいても割と過ごしやすかったりするのだが、客層がごった煮で夕方から夜にかけてのピーク時間にあり得ないほど混むジムはやっぱりパネエ。ハンパネエ。

筋トレしてストレス解消出来るはずが逆にストレスを抱え込んだりすることもある。

だって、地元の同窓会で「あぁ昔はこんなだったなあ」って思い出すノリを未だにやってる猛者とかいるんだぞ。

 

オレの本音で言えば、上にも貼ったこの記事が全てだが、

【読者参加型記事】GGが混みすぎて最早トレどころじゃない件【GG改善案】 - ワークアウト虎の巻

今回はこれにプラスして語ろうと思う。

 

主観的な話だが、

使い終わったマシンのピンを一番上に戻す必要は恐らくないし、

別に汗をかかないやつはシートをタオルで拭く必要はない。オレは気にしない。

ただし、備え付けのタオルで身体の汗を拭きとるのはNG!(最早持ちネタか)

また、パワーラックを使わないでも出来る種目でパワーラックを使ったり(それも長時間)、明らか待ってる人がいるのにダラダラダラダラ長時間やり続ける人がいるのはどうしてなんだろうな?

 

ジムでのベクトルをどこに向けるべきなのか?

オレが見てきた経験上、ジムで自分の世界に陶酔し、集中して鍛えるやつは

絶対にデカくなるし長続きする。これは絶対だ。

例え筋トレの原則を無視してても自分の筋肉と対話しながらやってるやつは

遅かれ早かれ絶対にデカくなる。

逆にジムをコミュニケーションを楽しむためのツールとして

利用するのは論外である。

 

ジムでのコミュ力とは、

元気ハツラツに誰とでも会話を楽しむ力ではなく、

必要最低限の会話で自分も他人もトレーニングに集中出来る環境を整備する力だ。

 

ジムとはそんな場所だから、

自分の世界に入り浸り、悪く言えば暗~い感じのオッサンが

実はコミュニケーションを極めており、

それで飯を食ってる社長だったり、

コミュ障かと思われる若造が

実は多少名の知れたナンパ師だったり、

逆に、爽やか元気くんみたいなやつが、、、

ニートだったり、、要するにジムでの雰囲気はあてにならん。

 

 

ジムではベクトルを自分に向けるべきなのだ

 

 

そう、ジム(筋トレ)=ベクトルを内に向ける作業 なのだ。

ベクトルを内に向け集中し、自分の筋肉と対話して密接になって、理解して

成長していくものなのだ。

 

だから、言葉は悪いが根暗やオタクなどのベクトルを外(他者)へ向けるのが苦手な

野郎どもはベクトルを内に向ける筋トレにハマりやすい。

ジムでの雰囲気はあてにならんと言ってもやはり、ベクトルが内向きな人は多い。

 

しかし、他者のいる空間=ジムでは

ベクトルを内に向けすぎると少し困る。

 

ジムでのベクトル配分をどうするか?については

辛気臭い話だが、繊細で難しい問題だと感じる。

 

 パワーラック予約制の注意

割と大手のジムは混雑時対策でパワーラックを予約制にした。

 

市営や県立のジムでは、パワーラックやベンチプレスを使う時に

使い始める時間を書いて30分経ったら交代しないといけないという、

ホワイトボードを用いた交代制は割と昔から取り入れられてきた。

 

 

最近流行りのは

ホワイトボードを用いた予約制

なので、勘違いしないように注意しよう。

お?誰もいないぞ!と思って使い始めると実は予約されていて

知らずのうちに順番抜かしをしちゃってるってことがあり得る。

NOサプリをガンギメしてる人なんかは要注意だ・・。

 

★studyポイント!

交代制と予約制の違いに注意しろや!

 

まあぶっちゃけ、オレが今回言いたかったのは

これに尽きる笑

 

まあ、でも

30分制限ってどうなんだろうな。

 

裏を返せば30分は使い放題ってことだろ。

 

何かそれを免罪符に30分間色んな種目をやりまくったり、

インターバルをアホみたいに空けてダラダラやったりする人が増えて、

回転率の悪さを逆に悪化させてるようにしか思えんのだが。

 

オレはインターバルが無駄に短いけど、

初心者は長くて仕方ないだろうし、

目的が何かにもよる。

 

根本的な問題は一体何なのだろうか?

 

 

そもそも何故オレがこんなことを考えないといけないのか?

 

オレはもう寝るぞ!

 

うぉおおおおおおおおおおおおおお!