ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

頑張るは美徳じゃねえ。ボロ雑巾のように擦り切れるまで頑張ることを辞めよう

f:id:aosoranet:20170605001717p:plain

 擦り切れるまで頑張るのが努力という風潮

体力まかせにガムシャラに動いて、ボロ雑巾のように擦り切れて、それでようやく物事が完結するようなやり方はよくない。

 

効率的に良くないし、破綻が目に見えてる。

 

基本的に、頑張ったとか努力してるなんて評価は、ボロボロになって擦り切れて始めてなされるものだが、そんなものに価値はねえ。

 

筋トレでも仕事でも何でもそうだと思うけど、基本的に力を注ぎこむ割合ってのはMAXが10だとすると、7くらいまで注ぎこんだ時点で、注ぎ込んだ力に対するリターンが極端に減ってくる。はっきり言ってほぼ蛇足。疲れるだけで意味はほとんどねえ。

 

なので、注ぎ込む力は多くても8くらいに留めておくことが身心の健康を保持して最終的に得るものを多くするコツだと思うのだが、基本的に10注ぎ込んで、ボロボロになるやり方しかしらないとシンドイ。

 

基本的に頑張らなくてもやっていける方向に物事、システムは最適化していくべきなんや。

 

消耗戦は不毛だから無くしていくべきなんだ。

 

ガムシャラに擦り切れて、糖分も水分も補給せずにフラフラになるまで頑張って、それで感じる疲労をやりがいだと認識する人も多いけどな。

 

ガムシャラとか、思考停止で頑張るとかは美徳じゃねえ。

 

俗に言う「うまくやる」

 

みんなもこれを目指していこう

 

ps.最近の日常

f:id:aosoranet:20170605193545j:plain