ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

ゴールドジムパワーグリップのススメ【握力切れなど絶対起きない!】

f:id:aosoranet:20170225133025j:plain

(何の意味もなく冷凍庫で冷やされているパワーグリップ)

 パワーグリッププロ G3710購入!!!

え~~ブログ売上金の一部を使い、

パワーグリッププロを購入致しました。(直球)

 

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

 

 

オレは今までストラップを使っていたんだけど、これじゃない感が強かったです!

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

 

 というのも、紐タイプは見た目が貧相!

そして、付けるのが難しいし面倒くさい・・!

効果のほどもあるのかないのかわからない・・・!

 

それらは非常に微妙で繊細な問題ではあるものの、

自分にとっては重要な問題でした。

 

一時は、「ストラップなんかいらん!」と使わない時期もありましたが、

高重量トップサイドデッドリフトを行うようになってからというもの、

握力不足でバーが掌から滑り落ちることが非常に多かったのです!

もっともっといけるのに!と背中は語っていました。

 

そういうことならばと、ストラップを渋々出してきて使用。

使うと一応保持力は上がるものの、

やはり最後は握力切れで滑り落ちることが多かったんです。

また、保持力を最大限アップさせるため、

きつく締めると手首がいかれそうになるなど、

重量を上げれば上げるほど不便さが目立ち始めました。

ストラップなんてものはな、無いよりマシ程度の代物。

何せ、ただの紐ですからね。これはポンコツです。

 

ジムにいる背中のごつい連中は、トップサイドデッドリフトを超高重量で行っているが、その時、紐なんか使ってるやつは1人もいません。

 

それらの事実があったことでオレは売上金の一部を使用し、

パワーグリップを購入するに至りました。

 

こちらのわけのわからん紐は2,000円でお釣りがくるのに対し、

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

 

 

 パワーグリップは7500円以上もする買い物です。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

 

 

パワーストラップとの想い出を語る

 思えばジムに通い始めた時、取りあえず安い方でいいやろうと選んだのが

ストラップでした。

 

一緒に買った3,000円くらいのベルトはスクワットをしてる時、破れてしまったので、とうの昔に買い替えていました。しかし、ストラップは幸い千切れることがなかったため、ずっとそのまま使い続けていたという・・・

 

安かろう悪かろう。

 

ストラップを使って一度でも握力切れを起こした時点で、

パワーグリップに買い代えていればと今になって思います。

ストラップとパワーグリップには握力保持力において大きな壁があります。

 

パワーグリップ初体験

f:id:aosoranet:20170225142602j:plain

 

荷物が届くや否やダンボールを乱暴に引きちぎり、

パワーグリップとご対面。

 

間近で見るとこんなだったんですね!

 

裏面には現地の言葉で、

ゴールドジムの歴史がつらつらと記されてました。

 

そして、プラスチックカバーも剥がし、

実際に付けてみたのだが、

 

結構硬い・・・

 

両の手にパワーグリップを装着し、リズム良く両の手を合わせると、

「パン!パン!」と 良い音が響きます。それだけ硬い革だということ。

 

わけのわからん紐も最初は硬くて、

手首に馴染む柔らかさになるまで結構時間がかかったので、

これもその類か?!使いこなすまで時間がかかるのか?!と思いきや・・

 

使ってみると

硬くても大丈夫なやつでした。

ももしかしたら、使ってるうちにもっとよくなってくるのかもしれません。

 

パワーグリップのサイズ

自分の手首は15.5cmだったため、

Sサイズを購入。

 

 ちなみに、ベルトはMサイズを使用しています。

GOLD’SGYM(ゴールドジム) G3324 プロレザーベルト Mサイズ

GOLD’SGYM(ゴールドジム) G3324 プロレザーベルト Mサイズ

 

 

当時ウエストが確か73cmだったため、

63-75cmまでOKとされるSサイズを注文したのが、

使ってみるときつすぎて締まらなかったため、

返品してMサイズにしてもらいました。

 

今ではウエストが86cmあり、

Mサイズの適正範囲である75-85cmを軽くオーバーしてるものの、

何故かゆったりと使用出来ている辺り、ゴールドジムブランドのサイズは割と適当なのか、それともベルトが伸びているのか、何なのでしょうか?

 

そんな経緯があり、

パワーグリップの方もサイズが合っているのか

心配だったが、手首15.5cmでSサイズは大正解!

 

パワーグリップは手首の太さだけじゃなく、

指の長さや掌の大きさも使用感に関係してくるので、

適正サイズを探るために、返品を辞さない、

ゴールドジムの売店で実際に試させてもらうなどの試行錯誤があるといいかもです。

 

パワーグリップの使用感・巻き感

紐の場合、使い慣れるまで工夫や試行錯誤、

そして紐が柔らかくなるまでの時間が必要でした。

 

しかし、パワーグリップの場合、

初めから、その効果を十分に感じることが出来たのです。

 

というのも、

パワーグリップは直観的に使うことが出来ます。

 

①手首にに巻きます。

紐を手首に巻く場合、きつきつに巻かないと

効果を十分に得られなかったが、パワーグリップの場合、

割と余裕を持たせても大丈夫でした。

 

②バーにパワーグリップを巻きます。

 

f:id:aosoranet:20170225150322j:plain

引く種目の場合、バーを巻きこんで巻く。

 

 

f:id:aosoranet:20170225150355j:plain

押す種目の場合、掌と密着させてバーに巻く。

 

この巻くという動作を初めてでも上手く出来るのか不安だったが、

直観的に巻くことが出来ました・・!

 

というのも、パワーグリップの上部が、掌の感情線と上手い事フィットする仕様になってるんですよ!

f:id:aosoranet:20170225150829j:plain

 

 

つまりやな、編集が下手くそで恐縮だが、こんなイメージ。

 

f:id:aosoranet:20170225151338j:plain

 

パワーグリップをバーに挟んでから手相の上部に合わせることで、

パワーグリップと手相がフィットする!フィットした状態で更にパワーグリップを巻きこむことで、あら不思議!バーが掌から絶対に離れなくなります!

 

何を言ってるのか意味不明かもしれませんが、

試してみて頂ければ、「ああこういうことか!」と体験出来るはず。

 

追記:何度か使ってるうちに、手相とか気にすることなく手に密着するようになってきました。掌に吸いつく感じです。

 

パワーグリップを使って各種目やってみる

 トップサイドデッド

手からバーが滑り落ちる心配なし!

パワーグリップは握力保持もそうだけど、

滑らない、豆が潰れないって効果も大きいことに気づきます。

 

ローイングマシン

楽しい!

いつもより重量をかなり上げてやってみたけど、

普通にできます。握力や滑りがこれほどネックだったとは・・・

 

ロープーリー

これも面白かったです!前腕の力を一切使わず背中だけで引くことが出来ました。

また、今までやったことのない高重量で引くことも出来たんです!

 

ラットプルダウン系

これも驚くほど大きな効果を発揮。

いつもは前腕に文句言う背中も流石に焦ってました。

 

ショルダープレス系

これはよくわかりませんでした。笑

 

アップライトロー

これも使って良かったです。

掌のことを一切気にすることなく、肩に集中できました。

 

全体的に紐とは比べ物にならないほどの、

めちゃくちゃ大きな効果を初回から発揮出来ました!!

 

また、親指が自由に使えるなど構造が極まっていることも

使えば使うほど実感できました。

 

しかし、

本当に驚くほど前腕を使わないで済むので、

逆に前腕が退化するんじゃないかという不安が・・・

実際、サイドレイズをパワーグリップなしで行った所、

握力を使うという感覚を軽く忘れててダンベルを放り投げそうになりました。

 

 

 パワーグリップのオススメ

 といっても、1つしか使ったことがないので言えることはほとんどないです。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

 

オススメするとしたら ↑か↓の2択。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリップ G3700 SIZE/S

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリップ G3700 SIZE/S

 

 というのも、パワーグリップは決して安い買い物じゃないからです。

その上、どれも構造・品質としては大差がありません。

ならば敢えて無名ブランドで冒険するよりも

実績と歴史のあるゴールドジム製がいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみにグリッププロG3710は本革製だが

グリップG3700は生地で出来ているので、

使用感に大きな違いがあるらしいです。

 

生地は滑りやすい、手にフィットしづらい、

締め付けが強すぎると手首が痛いなどのデメリットはあるとのこと。

 

「俺はインチキしたくない!」って人は手首を強化するだけのシークがいいかも。

 

今日のところは以上!!

 

お役に立ちましたか?