ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

DNS BCAAをレビュー

 

このページでは、ここ1,2年で知名度がグンと上がった感のある、アスリートを中心に愛される日の丸ブランド「DNS」のBCAA「DNS BCAA」のご紹介をします。この商品の特徴は、無駄なものをそぎ落として作られたが故の、超高いBCAAの含有率です。これだけで「え、買う以外に選択肢ある?」という感じですが、

 

「詳しく知ってから買いたい!」

 

と思っている皆さんに、筋トレを愛して止まない社会人アスリートの私がこの商品をご紹介します!国内だけでなく海外製の筋トレサプリメントの研究を長年続けてきた知見を活かして、本気のアスリート向け高含有率BCAA「DNS BCAA」の詳細を解説しますね!

 

 ネット上の口コミや感想も掲載しているので、ぜひチェックしてみてください!

  

 

DNS BCAA」を作っている会社ってどんな会社?

商品名の通り、この商品のブランド名は「DNS」です。1996年に設立された株式会社ドームが、日本のスポーツのレベルを世界レベルに引き上げるため、「DNS(Dome Nutrition System)」を立ち上げました。

 

この会社は、「高品質・適正価格・飲みやすさ」を追求し、プロテイン・BCAAのみならず、特にアスリートが必要とするいろんなサプリメントを製造しています。アンチドーピングに対する姿勢も明確に持っており、2016年から「 INFORMED-CHOICE(インフォームドチョイス)」というプログラムを導入しています。

 

このプログラムは、国際的なアンチドーピング認証機関である英国:LGC社によるものであり、同プログラムに認定されると、商品に禁止物質が含まれていないことを証明できます。DNSブランドの商品は、各商品に対して「アンチドーピング分析検査結果」を掲載していますので、安心して使うことができます。

 

LGC Science for a safer world - LGC Group

 

ちなみにこの会社は、最近プロ野球チームのユニフォームでも採用されている米国発の世界的スポーツブランド『UNDER ARMOUR』の、日本での正規代理店でもあります。

 

企業としても商品としても、信頼度は申し分ないですね!

 

DNS BCAA」の成分は?

この商品の成分の特徴は、味がついていながら脅威的に高いBCAAの含有率!なんと90%です!他のBCAA製品を圧倒しています。ちなみにこの商品の、3つの必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)の含有比率は、一般的な商品と同じく黄金比率です。

 

DNS BCAA」一食分(5.5g / 食)の主な成分(グレープフルーツ風味)

  • バリン 1,237.5 mg
  • ロイシン 2,475 mg
  • イソロイシン 1,237.5 mg

 

この商品は、ノンフレーバーがなく、柑橘系の「グレープフルーツ風味」のみでの展開になります。そのためBCAA以外に「香料」「甘味料」「クエン酸」が含まれていますが、全く気にならないでしょう!

 

もし「DNS BCAA」と同じBCAAを食物で摂取するとすれば?

BCAAは、サプリメントからしか取れないの?

 

そんな訳はありません、食事でも十分摂取できます。「じゃあ別にサプリメントとる必要ないでしょう」と早合点する前に、この数字を見てください。「DNS BCAA」と同じBCAAの量を食事で摂取した場合の、各食事の量です。

 

食べ物によってBCAA内の比率が異なるので、ここでは筋肉の発達を促すロイシンに着目し、DNS BCAA一食分のロイシンを摂取するために必要な分量を算出してみました。

 

  • 牛ひき肉:118g,  264kcal
  • 鶏卵:177g,          267kcal
  • 本マグロ赤身:118g,          148kcal
  • 生乳:884g,          584kcal

(参考:アミノ酸&脂肪酸組成」女子栄養大学出版部)

 

一方で、DNS BCAAは以下の通りです。

 

  • DNS BCAA(グレープフルーツ風味):5.5g,            22kcal

 

この数字を見ると、サプリメントの圧倒的な効率性が理解できるかと思います。なんでグラム数やカロリーにこんな差ができるかというと、食事はタンパク質以外に、脂質や炭水化物が多く含まれるからです。

 

アスリートは、自分のパフォーマンスを向上させるために、必要な栄養素を必要な分だけ摂取します。プロになればなるほどシビアに管理していく訳で、「不要な栄養素をそぎ落としたサプリメント」は、なくてはならないものなんです。

 

サイズ、値段は?

この商品は、サイズは1種類です。

  • 200g (約36食、約4,500円)

高純度、高品質の日本製BCAAなので、他の製品と比較すると少しお高い印象です。この商品が200gという小さいパッケージで、かつケースがボトルであるため、持ち運びが簡単です。これは便利!

 

他のBCAAは、だいたい大容量なので、持ち運びできません。ちなみに私は、シェイカーに入れるか、あるいはパウダーケースに小分けにして入れて、持ち歩いてますが、まぁ面倒です笑。

 

 

みんなの評価は?

Youtube

何のサプリメント使ってる!!!???

 

web

  • TRAPPLE.COM

即効性のエネルギー源!BCAAの効果とおすすめの使い方

僕が、使っているDNSのBCAAはグレープフルーツ風味のため飲みやすかったです。


 

感想「本気アスリートは本気を選ぶ、持ち運び用にも最適」

この商品、おすすめしない理由がありません。なぜなら、ここまで高品質で高純度な日本製のBCAAは、DNSとBULKSPORTS位しかないからです。よく比較される二つですが、正直どちらも非の打ち所がないです。味も問題ないし、どっち買ってもいい!

 

価格が少し高めなのは、事実です。でも問題は、「何と比較するか」です。皆さん、運動している時って、スポーツドリンク飲みますよね。あれ、一本500mlで100円以上するでしょう。

 

比較の対象として「アミノバリュー」を挙げましょう。この商品はBCAAが合計4,000mg(バリン、ロイシン、イソロイシン)含まれていますが、自販機で買ったら200円近くします。それよりも多いBCAAが一食100円ちょっとで取れるのであれば、明らかにスポーツドリンク飲むよりコスパいいでしょう!

 

しかもアスリートにとって生命線であるアンチドーピング検査をクリアしています。

 

それでもこの商品の購入を迷いますか?

 

 

→「筋トレサプリメント「BCAA」のおすすめランキング」はこちらから