ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

タンクトップを恥じらう気持ちを取り払い、新しい自分へ

 

これまで何度かマッチョのファッションについて言及してきましたが、今回はその第三段です。

 

今回のお題はズバリ、「タンクトップって着てもいいの?そしてそのメリットは?」です!

 

タンクトップの受けの悪さ、でもタンクトップは着てもいいの

検索サイトで「タンクトップ 男」と調べてみると驚くべき予想ワードが表示されました。

 

タンクトップ 男 気持ち悪い

タンクトップ 男 嫌い

 

こんな風に思って、ネットで検索する人が多いというわけですね。

 

普段私が女性と接する機会はアニメか漫画の中でしかないので、世の中の女性はそんな風に思ってたんだ!と軽く驚きました。

 

思い切ってその予想ワードをクリックしてみると、毒にも薬にもならないような女性向け交流サイトが出てきたので入ってみました。

 

そこにはたくさんの意見が・・・

 

「ガリが着たらダメ」

「デブも無理」

「マッチョが着るとナルシスト的な嫌悪感がある」

「目のやり場に困る」

 

こういった人が多いみたいで私は困ってしまいました。

f:id:aosoranet:20170617121839p:plain

 

そもそも街中にいる外人は男も女も平気でタンクトップを着ていますよね。

それを見て、どうのこうの思う人は少ないはず。

 

ならジャパニーズでも、どうのこうの思われる筋合いは本来ならないはず。

 

どうのこうのある場合は、過剰なマッチョアピールであったり、ナルシズムであったり、はたまた本当は細いのに筋肉質だろ?的な勘違いを持っていたりする場合に透けて見えるおかしな自意識が問題かなと思います。

 

普通に着る場合は何も問題ないはず。大事なのは自然さ。

 

タンクトップに着られているのではなく、自分がタンクトップを着てやってるんだという自負心、心構え。

 

あくまで「タンクトップは服なので、着ていて当たり前なんだ」という心持ちでいましょう。

 

そもそも何故タンクトップを検討しているかというと、タンクトップが一番楽だと気付いたからなんです。

 

暑過ぎ&サイズ無さ過ぎなのでタンクトップ意外の選択肢がない

タンクトップは着てみるとわかりますが、とっても涼しいです。この涼しさは癖になります。

 

涼しいだけなら薄手のTシャツでも良いんですが、何せTシャツは体に合うサイズが少ないです。

 

別に自分が着れるTシャツのないほどマッチョだと言ってるわけではありません。

身長の割に(ここ重要)、横幅があるので着れるTシャツがないのです。

 

身長に合わせてサイズを選ぶと、ピチピチで、これこそマッチョをアピールしてますというサイズ感になりますし、余裕を持たせると今度は逆にダボダボのだらしがない格好になってしまいます。

 

一見適正サイズに見えるTシャツを着ても、地味に広背筋がピチピチで苦しかったり、とにかく楽に着れてお洒落な服がないのです。

 

タンクトップを着る上での注意点

①ワキ毛を剃る

 歯の付いてないシェーバーが安全でおすすめです。

しかし剃れるなら、カミソリでも髭剃りでも何でもいいです。

フェザー ピアニィ L フェイス用(ガード付) 3本入×3個セット

フェザー ピアニィ L フェイス用(ガード付) 3本入×3個セット

 

 

タンクトップから覗くモジャモジャは流石にマニア以外通用しません。

また、ワキ毛は悪臭の元となるので、積極的に除去しておきましょう。

 

ワキの臭いは、ワキから出る汗が直接放つわけではないことをご存知ですか?

 

汗がわき毛に付着し時間を経ることによって酸化し、悪臭を放ちます。なので、ワキ汗が付着するワキ毛を除去しておくとワキの臭いは劇的になくなります!

 

②背中がXタイプのはヤメテオコウ

背中がXタイプのものは、いかにもマッチョ!って感じが漂うのでやめておきましょう。同様にサイズが小さめでピチピチ感の出るものも駄目です。

 

ここまで読んでくれた皆様は、そろそろ洗脳にかかり、「なんだ、タンクトップを着ても別に大丈夫じゃん」という気持ちになってくれてるかと思います。

 

そうなんです!着用時の注意点さえ守れば、タンクトップを着ることを怖がる必要はございません。

 

では、実際に品物を見ていきましょう。

 

この夏オススメのタンクトップ2017

 色々商品を探してみたところ、タンクトップの受けが悪い理由がわかりました。

 

 いかにも細い人が好んで着そうなタイトなものや、

 

 どこかいかつい印象を受けるもの、

 

 ホモっぽいもの、

 

なんかが非常に多いんです!

 

 なかなか的を得てるお洒落なものも、あるにはあるのですが、

今度は、「サイズ的にどう?」と心配になるようなものが多いです。

f:id:aosoranet:20170617153541j:plain

 

路線としては、ボディビルっぽく超ゆったり目での路線でいくか、

 

 

 

ちょっと値は張るものの、サイズ感とお洒落度重視でナイキさんの世話になるか、

 

 裸の大将路線で絵描きを目指すか、

 

 

残された道は2つに1つだと思います。