読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

月15万稼ぐ筋トレブログの裏話

f:id:aosoranet:20170321143036j:plain

ブログアクセス数の割合

ブログのアクセス数はgoogleなどで検索して訪れる検索流入が8割以上を占める

 

これはどんなジャンルの大手ブログでも言えることだ。

月100万pvのモンスターブログなら固定ファンが数千人以上居るように思えるが、

実際のところ、そんなモンスターブログでも8~9割がgoogleなどの検索サイトから入ってくる新規訪問者のアクセスでpvを稼いでいる。

 

となれば、アクセスを増やすのに必要なことは、より多く検索される記事を書くことである。

つまりはビッグワードと呼ばれる「大勢が検索する単語」に関する記事を書くことが必要なのである。

 

検索サイトで表示され読まれる機会を増やすことがアクセスアップには欠かせない。

 

筋トレに関するミドルワード

ブログをやっていてつくづく思うのだがウエイトを用いた筋トレを日々ハードに行っている人口は限りなく少ない。Twitter層だけで見るなら3万人もいないのではないか。

非常に狭い業界である。

その中で、ブログでテキスト(文章)を読もうとする層、既に知っている知識を検索しようとする層、知らない知識(そもそもその存在を知らない)を検索しようとする層は限りなく少ない。

 

絶対的な母数が少ないため、ウエイトを用いてハードにトレーニングする層に向けた記事だけではアクセス数を増やすことは難しいのである。

(逆に言えばコアな筋トレを行う層に向けた記事は、その記事を書く層も少ないため、

検索上位を取りやすい。)

 

筋トレ業界のアイドルこと安井選手について書かれた記事でさえも日に数千アクセスしか稼げていないのが現実である。

workout-tiger.hatenablog.com

 

筋トレに関するトレンドワード

最近では、ダルビッシュが愛用するプロテインを扱った記事でアクセスが急増した。

workout-tiger.hatenablog.com

日々起こる流行に沿った内容を書けば、一時的にアクセスは増える。

しかし、流行り廃りが早いため、安定的なアクセスを得るためには流行に沿った定期的な更新が必要になる。トレンドワードはすぐに検索されなくなってしまう。

ブログで収益を得る大きなメリットは一度記事を書いてしまえば何をせずとも定期的な収入が入ってくることだが、流行の記事ではそのメリットを享受出来ない。

アクセスを日々安定させるために多くの時間や手間が必要になる。

 

絶対的なアクセスを稼げる筋トレのビッグワード

放置していても多大なアクセスを稼げるのはビッグワードだ。

例えばgogleで「筋トレ」と打ってみると、検索枠の下に「筋トレ ダイエット」などのワードが自動で表示される。これこそがビッグワードだ。

多くの人がこれを検索するため予測変換として自動で表示されるのである。

 

ビッグワードに関する記事は検索する絶対数が多いため、それに関する記事を書けば必然的にアクセスが増える。

しかし、アクセスを稼げるビッグワードを狙った記事を書く人もやはり多いため、

検索の上位に表示される「読まれる記事」を書くのは難易度が高い。

 

ビッグワードに関する記事を書けばそれでアクセスが増えるというわけではなく、

検索されたときに上位に表示されるための記事の品質、つまりは検索サイトからの高い評価が必要なのである。

検索サイトからの高い評価とは、具体的に言えば文字数や画像数、そのページに入った人の滞在時間、対象のワードが何文字含まれているか、などである。

これらの複合的な要素がプログラムコードにより自動判別され、各WEBページ全てに日々見えない格付けが行われているのだ。

この格付けを意図的に上げる工夫をSEO(Search Engine Optimization)と呼ぶ。

(つまりは「検索エンジン最適化」だ。)

 

ビッグワードの取得を増やす

私個人の見解を申し上げるなら書きたい時に書きたい記事を書いて、それが大受けしアクセスもがっぽがっぽだと非常にハッピーなのだが中々そんなわけにはいかない。

オレ個人の書きたいことと、読み手の読みたいことがそれほど相違しているとは感じないが、やはり読み手ありきの考え方は何より大事である。

 

さらに読み手が何を読みたいか以前の、読み手が何を調べたいかについても思いを巡らす。

さきほどウエイトを用いた筋トレをしている層はTwitterだけで見るなら3万人もいないのではないかと述べたが、ダイエットに関することならどうだろうか?

 

日本の人口が1億3000万人だとして、その半分が女性である。

6500万人の高齢者と超若年層を除くほぼ全ての女性がダイエットに関心があり、

恐らく1度はインターネットでダイエットに関することを調べたことがあるだろう。

 

そして、それらについて調べる人は漏れなく情報リテラシー(情報の理解度、活用度)が低いとされているため、非常に大きく、尚且つ好き勝手でいい加減なことがまかり通る簡単な市場ではないかという推論を打ち立てた。

 

しかし、それを商売にする人の数も圧倒的に多いため、簡単な市場に対しての有象無象という非常に混雑した状態になっているという側面もある。

簡単な市場が勝つか、それとも有象無象のカオスが勝つか試してみたいという気持ちに駆られ、前回の記事を書いたことを告白しておく。

workout-tiger.hatenablog.com

 

現実問題、今以上にアクセスを増やすとするなら文字数の少ない記事の加筆、同種類記事の合併などが有効である。今後しばらくは新記事更新と並行して行うことにする。