ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

ジム通いの準備をしよう。必要な持ち物リスト

 

 春が終わればその次は夏。

そろそろ始めないと間に合いませんよ!

ジム通いに必要な持ち物リスト

極めてシンプルです。

しかし書き出してみると意外と多い・・・

 

【必需品】

・Tシャツ

・半ズボン

・靴下

・運動靴

・シャワー後に体を拭くタオル

・シャワー後の着替え(パンツなど)

・それらを入れるリュック

・着替えを入れる袋

・靴を入れる袋

 

【必需品以外】 

・ウォーターボトル

・音楽機器

・帽子

・ウエイトやる人はベルト、ストラップ、パワーグリップなど

 

それぞれの用途をさらっと書いていくので、みなさんも駆け足でついてきてください。

 

ジム通いに必要な装備:必需品

Tシャツ

 

 Tシャツと書いたが上半身裸以外なら何でもいいです。長袖もありだしタンクトップもOK。

 

ただし、ジムは運動して汗をかく場所なので、あまり厚手のゴワゴワしたジャージとかジャンバーは着ない方がいいかもしれません。

 

まず、そういうのを着てる人はいません。

 ↑NG!

 

ジムでは汗をかくという観点から、吸水性に富んだナイキのドライフィットがオススメですが、普通のTシャツでも何でもいいと思います。

 

ジムにいる外人は私服みたいなTシャツでやってたりするので。

 

まあ個人的見解を言えば、「初心者だからあんまり気合入ってるって思われたらまずいかな?」って考えて、あえて使い古したTシャツなんかを持ち出してきて着るのはあまりオススメしません。

 

ジムなんだからジムの格好をしましょう!笑

 

ちなみに自分は最初の頃、私服が全身黒だった反動なのかジムでは上も下も真っ白の英国紳士みたいな恰好をしていました。

 

何故それが良いと思ったのか・・?

当時のオレに1,2時間理由を聞いてみたいです。

 

半ズボン

 これもTシャツと一緒で何でもOK。

 

ロングタイツも勿論ありです。

workout-tiger.hatenablog.com

 

長ズボンを履く人はあまりいません。

 

ただしスソがびらびらしない動きやすいタイプのスウェットなんかはありです。よくマッチョな人が着ています。

 

靴下

 機能性に変わりはないが、くるぶしまで無い方がかっこ良いと思います。

 

 

銀マジック 抗菌消臭 五本指銀イオン靴下 3色アソート 3足組 男性用 810

銀マジック 抗菌消臭 五本指銀イオン靴下 3色アソート 3足組 男性用 810

 

 ↑NG!

 

運動靴

 これも何でもいいです。普通に値段とデザインで選べばよいでしょう。

 

オレもランニング用に買った3000円くらいのシューズをずっと使用しています。今のところ、顔を近づけると鼻がひん曲がるくらいで特に問題はありません。

 

ただし「スニーカーなどの使い古して履かなくなった普段靴をジム用に!」とかはNG! 

 

憲法にあるわけではありませんが、単純にかっこ悪いです。

 

ウエイトリフティングシューズや

 

 パワーリフティングシューズなどもありますが、あまり使用されている方は見かけません。

 

 5本指シューズ!

 

これは聞くところによると、素晴らしいらしいです。

いつか試してみたいと思います。

 

 シャワーを浴びた後体を拭くタオル

これは持っていった方がいいです。ただし何でもOK!

 

バスタオルはかさ張るので細長いの(なんて言うんだ?)がいいと思います。タオルを持っていかないと、ジムの洗面所にあるティッシュで身体を拭くという迷惑客にならざる負えないので要注意です。

 

シャワーを浴びた後の着替え(パンツ)

日本男児たるもの褌(ふんどし)1択です。

 

汚れの目立たないグレーと黒がオススメ。

 

 

それらを入れるリュック

何でもいいです!

 

ただ、運動靴とか着替えとか意外と荷物は多いので、ある程度容量の大きいものを選ぶべきです。

 

 

 

着替えを入れる袋

運動後の汗をかいた服を入れるので、リュックに直入れはオススメしません。

 

そこで袋が必要なのですが、基本的にスーパーの袋が良いです。脱いだ服を入れて帰ってきて、袋はそのまま捨てたらOK。

 

 

靴を入れる袋

これも別にスーパーの袋で構いません。ナップサック型の袋もオススメです。

 

 

 

バッシュが入る四角いタイプのシューズ入れはかさ張るので注意。 

 

ジム通いに必要な装備:必需品以外

ウォーターボトル

workout-tiger.hatenablog.com

この記事に詳しくまとめてあります。

 

といっても大抵のジムに給水所があるので、別にこれは必需品ではありません。

 

音楽機器

 ランニングマシンやエアロバイク、ジムに行くまでの道のりで気分を高めるために使用したら良いと思います。

 

今なら、そこそこの値段で最大の性能を発揮するSONYのNW-A25がオススメ。ハイレゾ音源は世界が変わります!

 

ウエイトをする際、音楽を聞いてても良いが、周りに人がいないか気付きづらいので細心の注意を払うこと。

 

 キャップ

 

汗が気になる人、人の目線が気になりがちな人などは被ってもよし。被らなくても問題はありません。

 

ベルト、ストラップ、パワーグリップ

ウエイトをやる人はこれが必要。

 

特にベルトは腰を痛めないために必需品なので、初回はともかく2回目以降は持っていったほうがいいです。

 

 

パワーグリップについてはこの記事を見ることをおすすめします。

workout-tiger.hatenablog.com

 握力不足で背中や足などが切れない場合に使用するものです。

 

以上!