ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

腹筋トレーニングを開始!アブドミナルは危ないのである

f:id:aosoranet:20170307174227j:plain

 脂肪の大海原を揉みながらオレはこう思った。

 

この下にはどんな財宝(腹筋)が眠っているんだろう?

 減量によって現れ始める腹筋:覚醒のトキは近い

この記事でお知らせした通り、現在ダイエットを継続中です。

 

ちなみに約10日は頑張ったのですが、

それ以降は3日連続チートデイという失態を犯しました。

お土産にどら焼きをもらったり、焼肉に連れて行かれたり、

焼肉を食った後はアイスが食べたくなったり、色々大変なことがあったからです。

 

また体重戻っちゃったカナ?と思いきや、

74kg台のままでした。(スタートは80kg)

 

気を取り直して、再びダイエットを続けています。

 

ダイエットをする中で、早くも体に変化が訪れました。

 

・ベルトの穴が一つ増えた

・汗をあまりかかなくなった

・お腹をサスサスしたら縦に大きな溝があるのを発見した

 

今回のお題は3つ目に関して。

そう、今まであまり意識してこなかった腹筋の存在に気がついたのです。

腹筋トレーニング:アブドミナル編

思い立ったら即行動!

 

今まで脂肪の下に埋もれていたから、

どうでも良かった腹筋のトレーニングを急きょ開始!

 

体脂肪が減り、見えてきたからには

バッキバッキのカッチコッチのモリモリすごすごの腹筋を仕上げたい。

そんな欲望に取りつかれたオレは腹筋のトレーニングを急きょ開始したのでした。

 

ゼハハハハ!!!!!!!!!

 

アブドミナルマシン

 

f:id:aosoranet:20170307180157j:plain

オレが使うのはコレ!

 

ここ最近は全くやってなかった腹筋トレだけど、

トレを始めた最初の頃はこのマシンを好んでやっていたので一番勝手がわかってる。

 

・クソガリだった頃は三頭や肩にパナク効いた

・腰を痛めやすい

 

以上の経験を踏まえて、58kgくらいのテキトーな重さにセット!

席に着いた!やるぞ!!

 

ヴぉー!

 

と思いきや、上がらん・・・!笑

 

クソガリだった頃に比べて、狙った筋肉だけを動かすのがうまくなりすぎて

前にやってた重量じゃ上がらん。笑

 

仕方ないので、上から2つ目か3つ目の重さにセットして、

ヴぉー!!!!

 

引く時に息を吸って、

押すときに息を吐く。

これは誰でも体感的にわかると思う。

 

そして他のトレと同様に、セット中は狙った筋肉の力を抜かないこと。

アブドミナルマシンの場合、腹筋の力を抜かない!

 

久しぶりにしてはかなり引っかかりが良い!

これは面白いぞ!そして計3セット!!

 

 

 

攣ったー!!!!!!!!!!!

 

 

 

f:id:aosoranet:20170307181444j:plain

ぎゃおおおおおおん!

 

思い出したように腹筋トレーニングをすると、

大抵攣るので注意しましょう。

私が腹筋トレーニングをやらなくなった理由

スクワットとデッドを頑張れば腹筋単体で鍛える必要はないという風潮

半信半疑やったけど、これはまぢやで。

むしろ下手に腹筋を追いこむと、デッドで腹圧がうまくかからず腰を痛めたり、

スクワットでうまくバランスが取れなかったりして非常にパネエことになる。

非常に手を出しづらい部位だったんだ。

 

腹筋をやることでスクワットやデッドに支障をきたすのなら、

スクワットやデッドをやった後にやれば安心じゃないか?と思ってた頃もあったけど、

むしろ腹筋などせずに、スクワットやデッドが終わった時点で早急にトレを切り上げて

栄養を摂取した方が腹筋トレをやるよりも結果的に腹筋が付くんじゃないか?と最近は思ってる。

 

スクワットやデッドで集めた脚や背中の血流を、腹筋に流すのは些か勿体ないんじゃないかという心配もある。

 

そして実際、

腹筋トレをやらなくても

スクワットとデッドをやっていれば腹筋の厚みは結構厚い。

 

ちなみに、ボディビルダーも腹筋トレは行わない。

 

腹筋トレを行わなくても他の高重量トレーニングで、

自ずと鍛えられているからだ。

 

色々調べて見ても、普段から腹筋トレを

やってる人は滅多にいない。

ボディビルダーの鈴木克彰選手なんかは

週6でやってるらしいが。

 

ただし、大会数週間前になると

形を整えるためにやる人も多いのだとか。

 

こんなもん低重量で十分やろ

あくまで腹筋だけでアゲサゲ出来ること前提ですが、

こんなもん低重量で十分やろ(おごり高ぶる心)。

 

逆に、高重量でやると危ない。

スクワットやデッドに支障をきたすという意味での危なさもあるし、

脊椎を曲げた状態で力を加えるというアブドミナル特有の危なさもある。

 

脊椎の危なさに関して言えば、

無茶な重量で体重を乗っけてやれば簡単に腰を痛めるし、

気を付けて慎重にやらないと非常にパナイぞ。

軽い重量でゆっくり息を吸って、吐いて・・という風に行うことをオススメします。

 

アブドミナルはアブナイノデアル。