読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

プロボディビルダーと一般トレーニーの違い

ボディビルダー

f:id:aosoranet:20170218024422j:plain

プロボディビルダーのトレーニング量ってやばくねえ?

だってさあ、あいつら平気で2時間以上トレーニングしたり、

それを1日2回行ったり、一部位につき30~40setやったりするんだぜ???

 

1年に数回、気分が乗ってる時だけやるならまだしも、

それが普通の感覚って最早、気力や気持ちなどの精神論では覆せない物理的なナニカがあるよ。。

 

基本的に筋肉を増やすことに人生を賭けているわけでもなくコンテストにも興味がない一般的なトレーニーの場合、プロボディビルダーのトレーニング量を真似したらやべえ。

 

プロボディビルダーにあるのは、まず第一に素質。

例えばホルモン。

飯を食って体がそれをどんな風に吸収するかはホルモンによって人それぞれで、

同じ飯を食ったとしても人によって筋肉や脂肪の増える量減る量は違ってくる。

また、食ったものをいかに効率的に吸収できるか、また速く吸収出来るか、大量に吸収できるかなどの臓器の強さも人それぞれだ。

 

他にも回復の速さ、元々の体の大きさ、強さ。そういった素質全てがまず一般人とは違うと考えて良いだろう。プロビルダーなんてのは超人だ。

 

だから、そんな超人を真似したらまぢでやべえ。

真似した場合、オーバートレーニング、体調不良、ケガ、大変な未来が待っているぜ。

 

あと、薬物。筋肉増強剤。

これをプロは漏れなく使っている。

これによって、回復速度が全然違う・・。

(法を犯すのは駄目だが、プロビルダーの目的のために出来る限りの全てを実行するという精神性は非常に好きだ笑)

 

筋肉を発達させる鍵である「休養」をプロ並に摂るのはハードルたけえ笑

素質がまず違う。覚悟(薬物)も違う。そして環境も違う。

そもそもステロイドってのは火傷のダメージ修復やエイズの体組織分解抑制に使われている通り、回復が本来の役割なのである。

 

筋肉増強剤って名前だから、筋肉をもりもり勝手に付けてくれそうなイメージだけど実際は傷ついた筋繊維の修復速度を上げたり、疲労回復を促進するなどの効果が大きい。

 

筋肉増強剤の実質は、ラストエリクサーである。

f:id:aosoranet:20170218031101j:plain

素質、覚悟ときて、最後は環境が違う。

環境ってのは筋トレを好きなだけ出来るって意味だけでなく、

休息も十分にとれるという意味も含めた環境である。

 

まず、プロビルダーはスポンサーが付いているため会社勤めをする必要が無い。

筋肉を大きくするのが仕事なのだから当たり前だ。

 

基本的にプロビルダーは夜寝たいだけ寝るという生活を送っている笑

勿論、昼寝もしたければ好きな時に好きなだけする。

 

そんな疲労回復に適した環境ありきで、

プロビルダーは1日2回もジムへ行って、元気に筋トレに励んでいるのである。

覚悟(薬物)と環境がセットになって本気の休息がとれると考えていいだろう。 

 

余談だが、実は高強度トレを行うとカタボリックホルモンのコルチゾールが多く分泌される。

それによって、疲労回復が得られず、筋肉の発達を引き起こせなくなる。

しかしステロイドは強いアンチカタボリック作用を持っているため、コルチゾールの分泌を抑える働きをする。

要するに、プロビルダーは高強度トレをしても回復しやすいけど、

一般トレーニーは回復に時間がかかりまくるということだ。

 

 

逆に、プロでさえ量が多すぎるという話もある。

実際量が少なくても成功しているプロビルダーは沢山いる。

じゃあ何故大多数が量をこなすかというと、単純にトレーニングが楽しくて好きってのが主な理由だろう。

 

才能・努力・環境

やはりプロはすごい

 

 

 

ボディービルダー用食事レシピ45: 10日以内に筋肉量を増やそう!

ボディービルダー用食事レシピ45: 10日以内に筋肉量を増やそう!

 

 

 

最新ボディビル入門 (スポーツ新書)

最新ボディビル入門 (スポーツ新書)