ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

安井友梨選手の仕事とトレーニング

 

f:id:aosoranet:20160603233138j:plain

フィットネスビキニの日本王者である安井友梨選手について、
前々から非常に気になっていたので、特集が組まれているボディビルディング2016年5月号を購入した。

 

 

 

ボディビルディング 2016年 05 月号 [雑誌]

ボディビルディング 2016年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

 

f:id:aosoranet:20160603233319j:plain

表紙が出オチ

雑誌が届いて実際に手に取ってみたところ、山岸選手の表紙に笑ってしまった。

なんて良い表情してるんだ!!!笑
それに、筋肉の迫力がすごすぎるッ!なんだこれ?!一瞬合成写真かと本気で思ったほど、すごい体をしてるぞこの人は笑

写真じゃわかりづらいけど、実際に表紙を見るとまぢでデカイ。
試しに筋トレとは無関係の友達に見せたところ「これ本当に人間の体??」だってさあ。いや、まぢで浮き世離れしてる、この体は・・・!
「こうはなりたくねえな」という友達に「なれないよ」というおきまり文句を言っておいた笑

 

雑誌(ボディビルディング)に関して

正直ボディービルダーの精神性を尊敬してはいるものの
大会がどーだとか、ボディービルダーの格言がどーだとかは興味なかったので、今までこの雑誌を敬遠していたのだが、実際読んでみるとトレーニングに関して非常に為になる内容だった。

トップビルダーのトレメニューを本人に解説をしてもらったり、筋トレに関するインタビューを行ったり(何故ビルダーは水を大量に飲むの?とか)、アルギニンとは?オルニチン回路とは?みたいな用語解説が載っていたり、後部三角筋の効果的な鍛え方とかまあ色々と。

表紙だけじゃなくて内容も濃い雑誌だった。
これまでアイアンマンとマッスルアンドフィットネスは買ったことがあるのだが、それらと比べても一番ためになったかも。

 

安井友梨について


そう。この雑誌を買った目的だ。
山岸の出オチとタメになるコラムですっかり忘れてた。
この雑誌を買った目的は・・・安井友梨が何者か知りたかったから。

f:id:aosoranet:20160603233926j:plain

フィットネスビキニっていうセクシー寄りのボディビル大会で
日本王者になった超セレブということは知っていたのだが、もっと具体的なことを知りたくてこの雑誌を買うに至った。

 

今日はそんな感じで
謎のセクシー美女を丸裸にしたいと思います。

 

安井友梨の年齢やプロフィール


愛知県出身の32歳
173cm(でけえ笑)体重オン53kgオフ62kg
部活は中高バレー部で大学は茶道部
トレーニング歴は1年3ヶ月
好きな食べ物は、すき焼き、ローストビーフetc...

 

安井友梨の仕事は?


ネットで調べたら「真っ昼間の明るいうちからトレーニングしているので無職」とか「時短勤務の派遣社員」とか根も葉もない疑惑が流れていたが、本当はオーストラリア・ニュージーランド銀行の営業職でマネージャーをしているそうだ。

このオーストラリア・ニュージーランド銀行ニュージーランドで最大の金融機関であり、その日本支社で入社以来5年連続全国トップ3の成績優秀者に選ばれたんだと。

 

安井友梨のトレーニング内容は?


週に3回各1時間半
①足、大殿筋、肩、腹筋
②中殿筋、背中、腹筋
③脚、大殿筋、肩、腹筋

 

メインセットを2セット
各種目2~3種目
レップ数は6~8

 

他の部位を鍛えないのかよく聞かれるそうだが
高強度トレの協働筋で使うのでいらないらしい。

 

また、女性らしい身体を作るために終動付加を大切にしており、細かい関節周辺の付加を避け、最も力の発揮できる稼働域の付加を強くすることで丸みのある筋肉を作っているとのこと。
例えば、フルスクワットじゃなくてパラレルスクワットをしたり、床引きデッドリフトじゃなくて、トップサイドデッドリフトをやるってことである。
こういう工夫によって、高強度脚トレを(デッド含め)週3回行うことが可能になるのだ。目的に応じた適切なトレーニングと言えよう。

f:id:aosoranet:20160603234629j:plain

 

それでも、高強度脚トレを週に3回はやりすぎだとか
他の部位(二頭、三頭、胸)をやらないのは脚や背中のボトルネックになるという意見もあるかもしれないが、彼女はまだトレーニングを初めて1年3ヶ月しか経っていないのだ。これからも試行錯誤を繰り返し、まだまだ伸びていくことは想像に難くない。

 

パーソナルトレーナーは?


柏木先生というパーソナルトレーナーを付けているそうだ。
ちなみにトレーナー歴25年の猛者らしい。

ちなみに週3で1回2時間のパーソナルトレは月6万!
会費も含めたら月7万!

それでもパーソナル1回5000円と考えたら良心的だ。

 

f:id:aosoranet:20160603234924j:plain

髪型がカッコイイ(画像左)

 

安井選手曰く、大会で優勝出来たのは柏木先生の洞察力と計画性によるものだとか。

安井選手は大会1週間前から極度の緊張で睡眠が取れず、
体重が落ち続けていたため、大会3日前から餅を1kgと水を2L、肉と野菜と玄米を1時間おきに食べ続け、見事優勝を果たしたらしい。

 

他にも具体的なトレメニューやまどか師匠との出会いなど
色々載っていたが面倒になってきたので割愛させてもらう。

 

まとめ!


彼女は資金的にも、環境的にも、資質的にも恵まれていることは確かだろう。
それはたまたま持って生まれてきたものかもしれないが、それを殺さず生かしている行動は彼女の努力の賜であり、持って生まれし者の中でも、その務めを果たす非常に希有で崇高な存在と言えよう。

 

また、トレーニングに関して言えば
ボディビルダーにはボディビルダーに適したトレーニング方法が、
アスリートにはアスリートに適したトレーニング方法があるのと同様に、
フィットネスビキニにはフィットネスビキニに適したトレーニング方法があるのだと自分の中で結論づけた。

 

さらに、その上で素人アドバイスをするならば、フィットネスビキニはヒールを履いてステージに立つのだから、ヒールを履いたときふくらはぎが栄えるように、シーテッドカーフレイズなどでふくらはぎのキレを出してもいいんじゃないかと思う。(柏木トレーナーぱくっていいぞ)


何でこんなことを言うかというと、さらに進化した安井友梨が見たいからだ。

また、素質的にも環境的にも現状敵はいないのだから、世界に照準を合わせた方がモチベーション的にも良いような気がする。そこんとこ、話は出てるのかな?

 

何にせよ、応援しています。これからもトレーニング頑張ってください!!

 

今日のところは以上!