読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

常識を覆す北島式トレーニングをしてきました。

f:id:aosoranet:20160409001011j:plain

何も考えず飯をたくさん食ったらでかくなる。
ただ何となく、重いものを力一杯あげたらでかくなる。
そろそろそーいう単純でアホでも出来るレベルから脱却したいと思っていたオレにちょうどいいトレーニングを発見しました。

北島式トレーニング

 

北島式トレーニングをまとめるとこうです。
・筋肉は現状では命が危ないと感じるほどの危機的状況を与えることで大きくなる


・各部位週1でおk。神経系を鈍らせないためなどの理由で各部位週2以上やる人もいるが、筋肥大には非効率。神経系を研ぎ澄ますことや挙げることが単純に上手くなることは筋肥大に直結しない。
また、各部位週1のトレーニングをした後、筋肉自体は数日で回復するが、筋肉周りの関節や腱が回復するのに1週間かかる。


・まずなによりも「筋肉を動かし収縮させること」が一番にあって、それを行うために「フォーム」がある。
「筋肉を動かし収縮させること」を完璧に理解し実行出来たら、フォームを意識する必要すらない。勝手にフォームはついてくる。回数はもちろん、フォームも考えず、ただひらすら「筋肉を動かし収縮させること」だけを意識すれば良い。


・危機的状況を筋肉に感じさせるために、週1回、約1setのメインセットに賭けるべし。基本的に各種目3セットくらいしかやらない。しかもその内2セットはアップ。といっても限界を越える一歩手前くらい(だからはたから見たら3セットとも本気でやってるように見える。)
3セット目で120%中の120%を出す。この3set目は週に1回1setしかないとい意識が重要。うまく出来なかったら次の週までチャンスはない。しきり直して4set目をやっても筋肉は危機的状況を感じないから意味がない。


・【「こんな感じかな?」で始めて「かっちりと正しい筋肉の収縮を掴むこと」が出来たらそれに意識を集中してひたすらそれを限界がくるまで激しく繰り返す】

↑これが正しい1set。これがうまくできたら1setで十分。ただ、これをやるには正しいフォームや神経系の発達が必要。出来ないうちはオールアウトなんてあり得ない。


・4種目以上とか1つの種目を5セット以上やるのは明らかにダメ。
そんな生ぬるくダラダラやっても無駄。筋肉は危機を感じない。
もしくはオーバーワーク。

 

以上が北島式!!
短時間で出来て1setに120%を求められる精神性の高さが気に入った。
そして、筋肉の構造と動き方の理解力も大事とのこと!


骨格がでかい人はテキトーに鍛えてもすぐでかくなる。
重いものもすぐあがるようになる。
筋トレとはそーいった単純な物だと思い、それ以外の精神論は意味のない不純物だと感じていたが実はそんな単純なものじゃなかった。
才能という言葉を単純な意味で捉えるんじゃなく、いろんな角度から才能を見る術を学ぶことが大切なんだよナア。そーすることで自分にあったトレーニングを追求したり、様々な目的に合わせたトレーニングが可能になる。

 

大して意味がないと薄々感じつつも念のためにだらだらやるのはハッキリ言って無駄だよな笑
1レップに全てを賭けて合計3セットくらいでささっとすます。
そのために集中力が鍵となる。多くの壁を越えるために、先ほどいったアホでも出来るトレーニングから脱却する。つまり単純な力学から精神世界への扉を開けることが必要になってくる。

 

いやあ、北島の理論とオレが何となく感じていた理論はかなり被るところがあるし、オレがまだたどり着いてなかったことを北島は確かな実績を元にめっちゃ詳しく解説してくれてる。。

 

そーいうわけで、今日は胸と2頭の日だったんですが
北島メソッドやってきました。

 

北島式トーレニングやってきた

 


1種目目:インクラインベンチ
アップのアップにバーで20回くらい。60kgで3回。(10回くらいやろうとしたけど重たかった・・)
その後、普段はコンディションがよっぽど良い時以外は怪我が怖いので70kgくらいで様子を見て高レップでやるか低レップでやるか、重さを上げるか下げるかとか諸々判断するのですが、今回はいきなり80kgでいった!!
「もしかしたら怪我するかもしれない」というスリルをアドレナリンに変えた!!WWWWWWWWWW
そしたら、怪我することもなく集中してやれました笑
正直もうめんどくさいから1セット目からメインセットにしようと思ってセットを開始したのですが、あと1、2レップで限界を越える・・・!ってところで北島メソッドのアップを思い出してやめといた!
なんとか、北島メソッドのアップ完了!!笑

その次はふつーに限界を越えて、さらにもう1セットで死力を尽くしてインクラは終了。80kg10、7、6とかだった。

f:id:aosoranet:20161125144758j:plain


2種目目;ダンベルベンチフライ
34kg→30kg→26kgとかだったかな?
同じ重さでやるのは関節の強度的に無理なので、4kgずつ落としてさっさとやった。重かったァ~~。

f:id:aosoranet:20161125144758j:plain

 

3種目目:マシンフライ
重さは覚えてないけど、かなりしんどかった。
正直「疲れ」から1種目目のインクラに比べ集中力がだいぶ落ちてたと思う。

f:id:aosoranet:20161125144758j:plain

 

時計見てないけど所要時間は全部で20分くらい。

イイね!北島メソッド。

 

胸の次は2頭でしたが割愛します。

帰って2頭の様子がいつもと違うから試しに測ってみたところ39cmになっていたとだけお伝えしておきます。

 

北島式トレーニングの感想

 

北島式トレーニングをイメージにすると↓を各種目3set行うわけで、真面目にやったらそれだけでOKってのは十分理に落ちた。

f:id:aosoranet:20161125144758j:plain

あとは神経系を刺激するためにその部位の日じゃない時にも
やってた種目を辞めてみてどうなるかだなあ。

 

しっかりと自分の才能をいろんな角度から分析して
青峰メソッドを作っていきたいねえ^^

 

追伸:帰宅後のオレ

f:id:aosoranet:20170128072647j:plain