読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークアウト虎の巻

骨格が華奢な人でもカッコイイ体を目指そう!

背中のトレーニングを語ろうにも語れない

f:id:aosoranet:20160404232023j:plain

あびゃばやあばやばやばばばばあ

 

1種目目:ロウイング
これはスクワット、サイドレイズと並んでフォームに自信あり。
肩胛骨だけで引くわけでも、広背筋だけで引くわけでもなく、それらを連動させ、一連の動作として引く。
しっかりハムケツで受け入れ体勢を作ること(作れるだけハムケツが鍛えられてること)がまず大事で、これが出来ないと腰にくる。
また、バーを持ち上げる際の手のひらの角度も重要。
前腕を使わず背中だけでスッと引ける絶妙な手のひらの角度がある。

 

2種目目:チンニング ワイドビハインドネック
デブになってからというもの、まぢしんどい。
背中の種目は大きく分けて「ロウイング系(前から後ろに引っぱる系)」と「プル系(上から下に引っぱる系)」があり、チンニングはプル系。
デブになってまぢしんどい。ほとんどストレッチ種目だろ・・これ・・。

 

3、4、5種目目:テキトー。
マシン系をテキトーにやる。

というのも背中の日は足の日と被っているため
ここまで来たら余力がほとんど残っていない。
ちなみにデッドは足のメニューに組み込んでいる。

 

オレは筋トレの才能が無い方だけど、背中はそこそこ発達しやすいから
これでも何とかなっている。それでもそろそろ何とかしないといけないけどねえ。

 

関係ない話だが、転職しようか悩んでる。
ツイッターとかで最近よく見かけるマッチョ69とかいう連中。
仕事でやってる部分はあるにせよ、自分でマッチョと称したり写メを挙げたりかっこわりいと思ってた。
だけど、よくよく考えたら、好きなことや才能があることを仕事にするってすげえよなあ。パーソナルトレーナーもそー考えるとすごいと思う。

つくづくそ~思う。